【EWWW Image Optimizer】画像ファイルを圧縮して、表示速度を上げるプラグインの設定方法

EWWW Image Optimizerの簡単設定

ブログを運営していくにつれ、画像をたくさん使用するようになっていきます。
画像を使うと訪問者の目を引き、滞在時間も増えるので良い材料なのですが、どうしてもサイト自体の表示速度が落ちてしまいます。とくに大きいファイルを使うとなおさらです

サイトの表示速度が落ちると、せっかく訪れてきたユーザーが「戻る」ボタンを押して帰ってしまいます。クローラーからも嫌われるのでいいことはありませんね。
「EWWW Image Optimizer」のプラグインは、画像の圧縮を自動でやってくれて、以前にアップした画像もまとめて圧縮してくれる優れたプラグインです。

サイト作成の効率も上がり、なにより「SEO」に有利に働くため、ぜひとも導入したい便利なプラグインです

EWWW Image Optimizerを導入

ダッシュボード⇒プラグイン⇒新規追加と進み、【EWWW Image Optimizer】と検索し、インストール、有効化してください。
設定⇒EWWW Image Optimizerをクリックします

「Basic Setting」の設定

ここでは「Basic Setting」の設定を行います

【Remove metadata】にチェックを入れてください。
画像ファイルに不要なメモなどがくっついている時に、自動的に削除してくれます。
スマホやデジカメで不用意にWordPressで画像をアップすると、カメラについてるGPS機能により写真に位置情報が記入されます場合があります

何もせずにブログに写真を上げてしまうと、撮影場所が特定され、自宅まで割り出されることがあるので大変危険です。
【Remove metadata】にチェックを入れるだけで、位置情報が消去させるので必ずチェックマークを入れておきましょう。

「Cloud Settings」は有料のオプションなので、使いません

 

スポンサードリンク

「Advanced Settings」の設定

EWWW Image Optimizer セッティング3

次に「Advanced Settings」を開きます

「ptipng optimization lever」はレベル2のままでOKです

そのまま下にスクロールしていってください

EWWW Image Optimizer セッティング4

「disable pngout」にチェックをいれてください。
この「disable pngout」にチェックをいれるのは、画像を圧縮するのに使うソフトを無効化するためです。ここは手順が難しくなるため、チェックを入れてソフトを無効化します。

 

「Conversion Settings」画像変換の設定

EWWWセッティング4

ここでは【 Hide Conversion Links 】にチェックをするだけです。それによって、EWWW Image Optimizerのデフォルト機能に、png を jpg に変換したり、 jpg を png に変換する機能を削除することができます。

EWWW Image Optimizerの使い方

これで初期設定が終了です。
EWWW Image Optimizer は、インストールするだけで画像を新規投稿したら自動で圧縮してくれます。さらにいままで使用した画像も一括で圧縮できる優れた機能も持ちます

アップ画像を一括で圧縮する

ダッシュボード⇒メディア⇒【Bulk Optimize】と進んでください

EWWW Image Optimizer セッティング6

赤枠のボタンを押すと変換作業が始まります。

テンプレートに組み込まれている画像の圧縮

WordPressのテンプレートによっては、テーマ内に多数の画像を使用しているものもあります。そのテーマ内で使用されている画像を圧縮したい時に使うのがこれ。
「メディア → Bulk Optimize」をクリックします。先ほどの赤枠の下のボタンを押すと圧縮がスタートします

サイトの表示速度が上がると、ユーザビリティの向上につながり、ユーザーに対しても、SEOに対してもGoogleにも好かれ良い影響が出ます。サイトの表示速度を上げるにはいろいろなやり方を目にしますが、その中でも、最も簡単にできて、かつ効果の高い方法が画像ファイルサイズの圧縮になります。ぜひ導入してみてください

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ