【YouTube】テレビ放送番組を投稿できる理由

【YouTubeにおける著作権侵害】

何年も前からYouTubeでの著作権侵害などが問題になっていますよね

しかし、いまだに数え切れないほど多くのテレビ番組の動画がアップされ続けています。

公式チャンネルではなくて一般個人が動画をどんどん挙げてるんですよ

 

「なんでこんなことが許されているのか?」

 

ボク自身「YouTube」に投稿を始める前はこんな疑問がありました。

・訴えられたり・逮捕されたりしないのか?

・他人様が作った番組を録画して、パソコンにコピーをしてインターネットに流すなんて良いのか?

・投稿者はどうして訴えられたり動画を削除されたりしないのか?

 

調べていくと、YouTubeには自動的に著作権を検知するシステムがあることがわかった

著作権侵害は「※親告罪」になる

だから全てが訴えられるわけではない、ということのようだ

※親告罪(しんこくざい)とは・・・告訴がなければ公訴を提起することができない罪

著作権侵害でもアップロードできる!?

YouTube は、自動的に著作権を認知しますが

「了解ボタン」をクリックすると、アップロードできます

つまり、児童ポルノ・性器を撮影した動画・殺人などの

邪道な動画以外は、UP 可能です

 

YouTube は、動画投稿サイトであるため

たとえ版権動画でも、UP して公開された段階で私物になります。

収益化も可能です。

ただし「著作権侵害申請」があれば、削除されます

 

以前は、盛んに削除していたテレビ局の担当者も

あまりの数の多さに、特別扱いを認めたのです。

また、多くのユーザーが動画投稿サイトの特殊性に気づいたのも関係しています。

著作権者の利益を損ねる動画UPはダメ!

著作権者にとっては確かに著作権侵害であるが、損失はあまり無いのです。

最初は、めだっていたので盛んに削除されましたが

無視されていることもあります

このように、新しいことは最初なかなか受け入れてもらえないものですが

慣れて来ると「あまり害は無い」と、周囲が理解し始めるのです。

 

昔は、個人サイトにキャラクターの名前を書いただけで

プロダクションから、削除依頼があったという噂が飛び交っていまして

伏せ字を使っていた時代がありました。

 

今は「キャラクターは、みんなの財産」として大切に扱われています。

いずれにしろ、ユーザーの善意によって維持されているものですから

雰囲気を壊さないようにして下さい。

実際のところ、テレビ番組など著作権のある動画が違法にアップロードされるという行為は後を絶ちません

そのため、テレビ番組の一部または全部がYouTubeなどで見られてしまうことは事実!

ですから、その”違法動画”を偶然にも見てしまうということは、誰にでもあることといえます。

さて、「Youtubeに違法アップロードされたテレビ番組の録画動画を見た場合」は、先ほどの著作権改正法によって違法になるのでしょうか?

あくまでもボクの見解ですが、この著作権改正法の範囲では違法にはなりません。

この場合の著作権の侵害に当たるのは、録音または録画のことになります。つまり、Youtubeなどでストリーミングとして視聴する分には違法ではありません。

しかしながら、ダウンロードをすると違法となります。

Youtubeなどの動画共有サービスにはダウンロード機能が付いているサイトもあります。テレビ番組や映画などの違法にアップロードされた動画は、現法では「閲覧は違法ではないがダウンロードすると違法」ということになります。

また、閲覧だけでもパソコンにキャッシュが残るので広義的には違法ではないかという議論が出ています。

2012年の改正法ではこれも違法ではないとしていますが、著作権はそもそも、創作した人の財産を守る権利ですので、ストリーミング再生もあまりよろしいこととは言えないようです。ですので、今後も規制が厳しくなることが予想されるので、「違法かな?」と思った動画には近寄らないというのが賢明だといえます。

著作権侵害が「たまたま見逃されている」だけのことです

違法は違法です

TV番組のアップは止めておきましょうね

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ