【パワーブログ】ホワイトハットSEOを意識すれば強力なサイトができるワケ!

ホワイトハットSEO

SEOとは=「検索エンジン最適化」

サイト・ブログが検索結果でより多く上位表示(多くの人に目に触れること。検索サイトで、「あるキーワード」に対し1ページや2ページ目に表示されること)されるために行う一連の施策を総称したものです

上位表示される⇒アクセスが増える⇒収入がUPする

という流れです

 

ではどうやって上位表示させるか?

Googleは常に進化し、「ユーザーが求めている情報」は何かを考え、「ユーザーが満足する情報」を上位に表示します。

「ユーザーが求めていない情報」は目の届かない場所に移動させる方法をとることになる(検索に表示させない、うしろのページに飛ばす)

Googleは検索アルゴリズムを変更し、ユーザーの満足感を向上させるため、たびたびアップデートを行っています

「パンダアップデート」「ペンギンアップデート」などです

パンダアップデートを知っておく

検索結果の質を高めるためにユーザーの利便性を考えて実施されたる検索アルゴリズムアップデートのこと

不定期で行われています

質が低いサイトや、広告が多数表示されるサイト、他のコンテンツをコピーしただけのサイトなど、ユーザーにとって不要で、内容のないサイトの評価を落とし、検索結果をユーザーの目につかない圏外に移動させます

「ペンギンアップデート」とは?

Googleのガイドラインに違反して、故意に順位上昇させようとしているサイトの排除を目的とした、検索アルゴリズムアップデートのこと。

検索結果に上位表示させるため、過剰にリンクを増やしたり(SEO業者はこれをやります)、不正にwebサイトへのリンクをしていたりするサイトの評価を落とし、検索結果の表示順位を下げます。

こういったアップデートが実施されるたびに「ブラックハットSEO」を施しているWEBサイトは「表示順位が下がった!」となっています。

真っ当に運営している優良サイトでも、「ブラックハットSEO」を施しているサイトからリンクを貼られ、「とばっちり」を受けることもありますが、その後はわりとすぐ順位は戻っているようです

内容が薄いサイト・ブログの評価が下がるのは当然ですね。

目指すブログサイトの方向性

「Google」の隙を突くような裏技でサイトを運営しない

「Google」と戦わない・ケンカしない

「Google」のポリシーを理解し真っ当にサイト作りを行う

Googleとユーザーとお互いが「Win・Win」の関係となるサイト作りを構築していきます

 

「ユーザー」が本当に知りたい情報を伝え、

「ユーザー」に120%満足してもらい、

「ユーザー」がまたあなたのサイトを「訪れたい」と思わせることが長く上位で検索される「条件」です

 

ユーザーは内容が薄く、アフィイリエイトを優先し、広告をペタペタ貼ったサイトをまた訪問したいと思いません。

そういった「儲け優先主義」「自分にとって有益な情報のない」のサイトは、今の賢いユーザーは選別して二度と訪問しません

収入はあとから必ずついてきますので、ユーザーのためになるサイトにするように充実を図ろう

キーワード検索で需要のあるキーワードを見極める

「ホワイトハットSEO」を施しても検索ワードの需要が低ければ、あなたのサイトに人が訪れることはないですよね

そこでキーワードの選定が重要になります

効果的なキーワードを見極め、適切なタイトルを付けていくことが大切だ。

 

キーワードの選定に間違うといくら優れた記事を書いてもアクセスが集まることはまずありません。

テーマは自分が興味あること、その分野において専門的な知識があればなお良いですが今現在なくても知識をつけていけば良いです。

Google AdWords キーワード プランナー

でキーワードを探してみてください

 

長くサイト運営を続けることができればベストです

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ