【ブログ記事】1記事あたりの文字数を考察したらコレが一番イイ!

構想ビル

1記事あたりの文字数は本当に1000文字前後が良いのか

よく「1000文字」以上の文字数が良いといわれる

間違いではない。

間違いではないが、ちょっと言い方を変えると

最低1000文字以上」と言いたい

 

理想は2000文字以上のボリュームを目指して記事を投稿しよう

 

2000文字より文字3000文字よ、3000文字より5000文字が良いです

「1000」という数字にこだわって、仮に「2000文字」書けたら記事内容を分割して投稿する人がいると

聞いたことがあります。

記事数を増やすために小細工をするより二千文字1記事にした方が断然良いです

 

なぜ文字数を多くしたほうが良いのか?

500文字より1000文字の方が記事の内容が濃く書いてあると判断できます

1000より2000のほうがより詳しい説明が書いてあるとGoogleはジャッジするのです

 

「1000文字の記事を200作成」するのと、「1500文字の記事を100作成」するのでは

「1500文字の記事を100作成」のほうがpvは断然高くなります

ですが文字数は多ければいいというわけではありませんよ

薄っぺらい記事内容にしない

競合するライバルサイトより内容の濃い記事を書いていこう

これ、非常に大事な考え方!

 

ライバルより「良い記事」を書いていこう

(良い記事とは=検索してくるユーザーが求めている情報がどれだけ書かれているか?だ)

これもメッチャ大事!

 

そのために必要なのが「文字数」だ

 

内容の充実した記事は必ず評価されます

充実した記事を提供していけば記事はもとよりサイトの評価がぐんぐん上がっていきます

文字数が多いとSEOに有利な理由

・文字数が多ければそれだけそのページに含まれる語句が多くなるので検索されやすい

・「Google analytics」を見ていると分かりますが、Google滞在時間を重視しているから

 

Google analyticsには「平均セッション時間」という項目がありますよね

これは1回の訪問で何分滞在しているか、を測ります

 

なにもGoogleは記事の内容を読んで良いか悪いかを決めているわけではありません

そんなに凄くない(と思うんだけど・・・)

 

「平均セッション時間」や「直帰率」などの項目を設けて

「あ~このサイトに長く滞在しているということは良い記事が書かれている証拠だな」

「訪問してすぐ出ていかないで(直帰しないで)サイト内をあちこち見て回るということは、有益な情報が存在しているんだな」

となるわけです

さいごに

「情報量」をもって読者に有益な情報を提供してください

そんな有益な情報をみんに公開しちゃっていいの?真似されちゃうんじゃないの?と思う人がいるかもしれませんが

大丈夫です!!

ほとんどの人は書いたことを実践しませんから!(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

(失礼!)

 

どんどん公開しちゃってください

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ