ブログの「絶対やってはいけない8つのこと」まとめ

ブログ記事作成でやってはいけないこと、まず6つ

ブログを運営するうえでやってはいけないことがあります

ブログは「なんでもあり」というわけではt当然ありません

禁止事項というものは存在します

 

ブログという媒体を通して不特定多数の人に情報発信するときにはやはり「ルール」は大切で守らなければいけません

ルールを破ると法律違反にもなりかねませんので十分に注意してブログ運営していきましょう

注意マーク (2)

他人のサイト記事文章をパクらない

あちこちで言われているので目にした内容だと思います

他人が書いた文章をコピペして自分のブログに貼り付ければ作業としてはラクです

ただこれは明確な著作権流用です

 

記事を書いて公開したら著作権が発生します。

記事引用という形で自分のサイトで公開するのはOKとされている

ただ引用ばかりにならないようにしましょう。多くても3割程度にしておきたい

 

著作権法では、著作権者の承諾を得なくても著作物を利用できる行為として、第30条で「私的使用のための複製」を認めています。私的使用とは、「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること」と規定されており、一般的には私的使用を目的として、著作物を使用する本人が複製することは著作権侵害には当たりません。

しかし、「営利を目的とせず、個人として楽しみで作っている」にしても、インターネット上のホームページには、世界中のどこからでもアクセスすることができます。家族とか親戚、友人といった狭い範囲にはとどまらず、見知らぬ人も含めて大勢の人がホームページに接してきます。インターネットで発信するということは、活字の世界に当てはめれば本や雑誌を出版することと同じ意味合いをもちます。多数の人に読んでもらうことを目的に情報を発信しているわけですから、私的使用とは言えません。電子メールでも、大勢の人を対象に送信する場合は私信とは言えません。

一般社団法人 日本新聞協会「ネットワーク上の著作権について」より

引用:http://www.pressnet.or.jp/statement/copyright/971106_86.html

インプット、アウトプットを実践していけば知識は自然に身についていきます

自分の考えや経験を、自分の考えたコトバで情報発信するのがブロガーの役目です

他人の文章をパクっても説得力がありませんし実力がついていかないのでブログも書けなくなります

ブログ運営に【アウトプット】が必要な理由

著作権のある画像・動画は使用しない

ネットで拾ってきた画像を自分のサイトやブログに載せてはいけません。

他人が作った画像を勝手にコピーして自分のサイトで使うと著作権侵害に当たります

このサイトでも使用していますが、例えばこんなアイコン画像でもボクが作ったものなので、勝手に流用して自分のサイトに載せることはいけないんです

画像の質はどうであれ、です(笑)
高く落札されるテクニック

同じく動画を載せるときも注意してください

記事とは全く関係のない動画、明らかな違法動画も中にはありますから気を付けてくださいね。

 

写真やイラストは無料で利用できるものがあります

Photo AC ⇒無料素材多数。一部有料。こちらでほとんどのものは見つかります

ぱくたそ ⇒無料素材豊富。個性的な写真素材がみつかる

画像素材【PIXTA】 ⇒有料。有料だけあって質は秀逸!当サイトでも数枚使用しています

イラストAC ⇒Photo Acのイラスト版。素材豊富。イラストならここだけでもいいくらい

 

利用規約がありますので、よく読んで違反しないように使用していきましょう

アフィリエイト広告を貼り過ぎない

広告を貼り過ぎるとサイト全体の評価を落とす原因になります

Googleは広告ばかり貼り過ぎているサイトを圏外へ「ぴゅーーっ」と飛ばしちゃいます

ブログ立ち上げ初期にやりがちですよね

 

収入を得たいがために、記事数も少ないのに多くの広告を貼る。

Googleはそういうブログを「検索者にとって不要な情報を提供しているサイト」とみなすんですね

広告を貼るのはある程度記事が増えて、pvがあがってきてからでも間に合います

 

ただでさえ初めの段階ではアクセス数はたかが知れています

1日数人、まったく「0」の日も珍しくありません

どっちにしろ訪問してくれる人がいないので、広告を貼りつけてもだれもクリックしないし、当然売れません。

広告を貼るより記事を書く事を優先すべきです

文字数の少ない記事投稿はなるべくしない

文字数の少ない記事はGoogleの評価はあまりよろしくありません

最低でも1000文字は書いて投稿していきたいものです

2~300文字ちょちょっと書いただけの記事だと、どうしても内容は薄くなります

そんな情報量が薄いものは求めていません

 

検索者は情報を知りたいのです。自分にとって有益な情報を欲しています

見方を変えれば、我々は情報を売っていることになります

記事数を稼ぐだけの情報投稿なら、しない方がマシというもの

記事数を稼ぐだけのコンテンツが増えてくると、サイト全体の評価も落ちるのでやめた方が賢明だ

公序良俗に反する記事の投稿

犯罪を助長するもの、性的描写をイメージさせるもの、脅迫(殺す、刺してやる、襲ってやるなど)、誹謗中傷や他人のプライバシーを公開するなど。

人間としてやってはいけません

商品をあからさまに批判するようなことも止めましょうね

「~思います」をやたら使う

やりがちなんですが、自分の意見や考えを書いたときに「~と思います」と文章をにごすことは意識して避けましょう。

ボク自身、過去記事を見返してみるとかなり多用していますが、あまり良い印象でありません

自分の考え方を書いたつもりで「~だと思います」と表現するのですが、なんか責任逃れしているようですよね。

ブログはもともと個人の一意見ということが基本の考え方にありますので、「~と思います」とつける必要がないんです

絶対に「思います」を使ってはいけないわけではないですが、必要最低限にしておきましょう!

ブログを書く気持ちから来るもの、残り2つ

1記事作成に100%全力を傾けすぎない

毎回これをやっていたら続きません(^^;)

ブログ作成は長い道のりになります。少し肩の力を抜いてくださいね

車のハンドルだって「遊び」がないと怖いです

あまり力を入れすぎると疲れて記事を書くのもイヤになってしまいます

 

70%くらいの気持ちでいいですよ

ただ「鉄は熱いうちに打て!」などとも言われますので、記事作成のゾーン状態になったら気持ちに逆らわず疲れるまで書いてください

疲れたら書くのをやめましょう。

次、もう書きたくなくなります

1日〇記事投稿する、などという自分へのノルマ

「1日3記事書こう」などとよく書かれています

疲れるのでそんなこと考えるはやめよう

勝手にノルマを自分に課さないでくださいね

ノルマを課すより、少しづつ書いていってください

 

勉強と同じです。今まで勉強しなかった人がいきなり

「よ~し、明日から毎日10時間勉強してやる!」

と思ったところでせいぜい数日がいいところです。

少しづつ机に向かうところから始めた方がいいのは誰でもわかります

机に向かうことすら拒否反応が出ますもんね

 

だから、書くことを「習慣化」していったほうがラクなんです。少しづつ、少しづつでいい。

まだちょっと余裕があるくらいの時に記事作成は止めましょう

明日につながります

気持ちを無理させないでください

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ