2カラム、3カラムの違い。ブログレイアウトの特徴を知ろう

ブログにはいくつかのレイアウトがあります。
ブログの目的や何を目立たせるかによって決まるので、目的に合ったレイアウトを選択していきましょう。
自分のwebサイトにはどれが一番適当でしょうか

秋空

スポンサードリンク

レイアウトの種類

ブログをスタートさせる前に基本的なレイアウトを選択する必要があります。
訪問者(ビジター)が読みやすく、ストレスのないレイアウトを選びたいですね。

無料ブログサービスであれば、デザインはいくつか用意されています。
その中から選んでいけばカンタンに適用できます。

レイアウトはカラムという列によって、1~3カラムに分かれます。
カラムによって、ビジターの見やすさや管理者の使い勝手も変わってきますので、自分のブログテーマに合ったものを選びましょう。

レイアウト例

1カラム

1カラム説明

 

1カラムはサイドバーがないスタイルです。真ん中にドカンと本文がきます。サイドバーに広告や関連記事を配置しません。PCでは2カラムに設定しても、スマホでは1カラムなります。

 

メリットとして読者は記事を読むことに集中できますね。
特に紹介したいアフィリエイト商材がある場合に、このパターンを使用することがあります。


縦長でスクロールが必要な、いわゆるライティングページに用いることも多いです。

たとえばこんなページです。

  
バナープラスの公式サイト

 

デメリットとしては、
①ビジターが他のコンテンツを探しにくくなる
②直帰率が上がる

②は痛いですよね。。。

2カラム右、左

2カラム左説明のコピー

2カラム右説明

 

2カラムはサイドバーが左右どちらかに1本ある状態です。
ブログでは今やスタンダードともいえますね。

数年前は左側にサイドバーがあるブログが多かったのですが、今は右側サイドバーのブログが主流になっています。
有名なブログサイトは右側サイドバータイプがほとんどですね。
これにはきちんとした理由があるようです。

 

人間の目線は左から右、そのあと上から下へと「Z」の動きをするようになっています。
これは本能なので、仕方ありません。
いわゆるZの法則はネット社会に限った特徴ではなく、実社会でも言われることなので、聞いた事がある人も多いのではないでしょうか。

 

つまり、ブログでは左側に見てもらいたいコンテンツを配置することにより、読者のリピーター化を増やす狙いがあります。
サイドメニューを特に見てもらいたいのであれば、2カラム(左メニュー)が良いでしょう。
しかしブログ運営の目的は、記事本文を読んでもらいたいはずです。

 

広告収入を稼ぐために、左サイドバーにアフィリエイトリンクを貼りたいでしょうが、この理由だったら止めましょう。
収入が欲しいのは分かりますが、ここは記事本文の内容で勝負してコンテンツの充実をはかることを優先しよう。
コンテンツを充実させれば、結果はあとから必ずついくるので問題ありません。

今世間の大部分のブログは右サイドメニューなので、あまり考えずに2カラム(右サイドメニュー)にすることをおすすめします

3カラム

3カラム説明のコピー

両脇にサイドバーを置くことで、表示できる情報が多くなります。

全体的にみると、記事本文が窮屈な印象になってしまうため、個人的には好きではないパターンです。
情報が多すぎるため、読者が記事本文に集中しにくいというデメリットもあります。
スマホで見ると、両サイドバーが記事本文の下に来るので、無駄に長~~いんですよね💦

中には上手にまとめているブログもありますが、上級者レベルの方たちが作成したものです。
ボクら素人ブロガーには難しいのでおすすめしません。

まとめ

おすすめは、2カラム(右メニュー)
もうこれで問題ないでしょう。
どうしても他のスタイルが良ければ、比較的簡単にあとから変えらることもできます。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ