アフィリエイト商材は身近なところで見つけられます!

ランニングコース

どんなものを売ればいいのかよく分からないこともあります。
難しく考える必要はありません。

自分が普段生活している中で必要なもの、便利で誰かにその良さを伝えたいものを取り上げて紹介していきましょうね。

【関連記事】

どんなアフィリエイト商材を選べば稼げるのか

スポンサードリンク

日常生活の中から商材を探す

ボクたちは毎日なにかしら家庭用品を使用したり、水やお茶、コーヒーなど水分もとります。
スーパーに行って買い物したり、本を読んだりとなにかしらの行動をしていますよね。

 

実はこういった中にも隠れたアフィリエイトできる商品は眠っていたりするんです。
たとえば、この前近所の本屋さんで買った本がすごく内容が良かったとします。

 

それをブログで紹介しちゃえばいいんです。
Amazonアソシエイトのリンクを貼ってみれば立派な記事になってしまいます。

 

自宅のリフォームをしたら、「見積もりは何社からとったほうがいいですよ~♪」とか「営業の対応がとても詳しくて安心しました!」。これからリフォームを考えている人にアドバイス出来ますよね。そんな記事を書いたらASPでリフォーム会社を探せば、「ネットでお申込み!〇〇社一括見積り無料請求」な~んて広告主を紹介すれば、成約があるかもしれません。

 

生活のなかで、何気ない商品や体験を「売れる商品」にするかは、それはもうアフィリエイターの腕次第です。
最近何か買ったもので、良い商品はなかったですか?
購入する前に、いろいろ調べたモノはありませんか?

 

あなたと同じようにしている人はきっと多くいるはずです。
その人たちに向けて記事を書いてみましょう

 

書籍を紹介する

本は毎日のように出版されています。
ボクは本を良く買うので、ネタにはあまり困りません。

本当にタメになったものだけをボクは紹介しています。
内容をほんの一文だけ書いています。

 

「ほう、面白そうだな。ちょっと読んでみようかな‼」
こんなことを思わせるように記事を書いていこう。

 

リンクを貼る再、
Amazonでリンクを作成して、画像にリンクを貼って、楽天でリンクを作って・・・・

こんなことやってたらメチャメチャ大変なので、

かん吉さんが運営しているサイトで

ヨメレバ(無料)

を利用すればラクですよ!

 

ボクの鉄板記事構成は、

タイトル直下に大きめの商品画像。もちろんリンク付き

矢印下

 

本の内容紹介。
2~3の小見出しをつけています
別の著書があれば、あわせて紹介

矢印下

 

まとめ。

最後に商品画像。リンク付き
画像は大きめに

 

書評例

「こういった方におすすめの1冊です!」

「〇〇を読んで心に栄養補給ができました(*^^)v」

など

 

タイトル例

「〇〇が秀逸すぎてスゴイ!本大好き人間のボクが全力でおすすめする!」

「◇◇ってどんな内容?感想レビュー!」←フツウww

「△△読んだけどぶっちゃけどう思った?率直な感想&ネタバレ」←人気作品用。ネタバレはその記事内でしないで、最後にリンクを貼って別の記事に誘導します。

食品・お菓子を紹介してみよう

ほとんどの人は毎日飲食するもの。
食べておいしかったものを紹介することだってできます。

「今日は〇〇を食べて、あ~おいしかった!」
というものではなく、

「どこがおいしかったのか」
「どこで購入したのか」
「値段との兼ね合いはどうなのか」

など自分が食べてどう思ったかを書いてみましょう。

たとえばこんな感じで。

「程よい甘さの中に酸味がアクセントになっていて美味しいですよ^^」

「普段は、カ〇ビーばかりで、◇◇のは食べた事ないよ、という人は是非一度おためしを!」

「味は悪くないんだけど、この値段ならもうちょっと頑張ってほしいな~」

タイトルもひと工夫したいですね!

「〇〇ランキングTOP10!〇〇大好き人間がここ3カ月で試した結果ww!」←〇〇大好き人間はパターンかよ!www

「◇◇ランキング モチモチ食感がたまらない! ガチでおすすめする◇◇8選」

「安いのに激ウマ!コンビニ限定△△がすごいぞ!!」

 

〇や△には、いちご大福でもおせんべいでも食パンでもなんでもいいです。
【朝食にぴったりな2016年レトルト食品】なんていうのもいいかも知れませんね!

【タイトル記事のつけ方・関連記事】

知ってると知らないでは全然違う!ブログタイトルで思わずクリックさせる、カンタンだが驚異的な3つのテクニック

まとめ

ブログを始めたばかりの頃は「ネタがない」「書くことがなくなってくる」と悩んでしまうことがよくあります。しかし難しく考えないで、書きたい事を書いちゃえばイイんです。

自分には知ってて当然のことでも、他人から見たら「へえ、そうなんだ!」と喜んでもらえるかもしれません。

それは書いてみないと分かりませんので(^-^;

ふだん生活している中にも目を向けてみてください。思わぬヒット商品が隠れているかも知れません。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ